昭和26年に会社設立以来、産業機械装置メーカーをめざして、その道を着実に歩み半世紀をこえました。
今では、大型の産業機械装置から小型のものまで、様々な産業機械装置を製造できる設備と技術を有しております。

昨今のものづくりの現場は、分業化・専門化が進んでいますが、当社はあえて、設計、製缶溶接、機械加工、塗装、組立、試運転、据付工事を有した一貫生産体制を採用しています。

小の部品を作り、中のユニットを組上げ、大の産業機械装置として完成させる際には、『お客様からの設計変更や仕様変更』、または『当社からの仕様提案』等による製作内容の変更が発生します。

これに素早く、且つ安定した品質で、ものづくりを行うために適しているのが一貫生産体制です。
この一貫生産体制を当社の強みとし、お客様や社会の変革に全力を尽くしてまいります。